ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


キッチンからの救急箱トップ 陰陽チェック
春>春のカラダ作り春にオスス特別メレシピ
doLOHASゆるマクロ・冬ってこんな季節

春は「肝臓・胆のう」がもっともよく動く季節です。春をより元気に過ごすポイントとして、この季節のエネルギーを受けた素材や調理法を取り入れることをおすすめします!
春の食材や、春仕様の調理法で、冬の寒さでギュウッとしまったカラダを緩めることができ、少しずつ春仕様のカラダに切り替えて行く事ができます。
また、この時期に見られる「季節の変わり目の風邪」や「花粉症」は、肝臓や胆のうがよく動くため起こる、自然な排毒(デトックス)反応の一つだと言われいます。

春が旬のよもぎやタマネギなどを取り入れると、ドロドロとよどんだ血液をサラサラにしてくれます。鼻づまりも少しやわらぐとも聞きます。

<< 春のオススメ食材はコチラ>>
野菜:緑葉色野菜など、もやし、小松菜、竹の子、かいわれ大根、竹の子、菜の花、アスパラ、セロリ、新たまねぎ、春キャベツなど…
果物:青リンゴ、レモン、オレンジ、イチゴなど
豆類:グリーンピース、レンズ豆,豆腐、納豆やテンペなど
海藻:わかめ、昆布など
調味料:天然醸造のしょう油、味噌,梅干し、甘酒、麦飴など
穀物:オートミール、麦、発芽玄米、スペルト小麦

冬は、コトコトと身体の芯から温まるような煮込み料理やじっくりオーブンで焼いたグラタンが多い ですが、このような『長時間&高温』の料理をし続けると、カラダはいつまでたっても冬仕様のままです。 春は旬の野菜たちを「さっと茹でる・蒸す」という軽く感じる調理法がおすすめです。 玄米ごはんにも全粒の麦を少し加えてると軽い食感が美味しく感じられますよ♪ >>春のゆるマクロ特別レシピ『白菜プレスdeサラダ』

冬は油分や塩分の多い食事が多いですが、春には油と塩気を若干控えてあげ、旬食材を少し取り入れたりするのが効果的です。 少しだけ小食を心がけるのも、体内に溜まった油を排出するには効果的と言われています。
▲トップへ戻る▲
春のいや〜な症状&冬の油を落とす!第一大根湯 Recipe 2
塩番茶の洗眼
スチーム効果
血液の循環をよくする!しょうが湿布 Recipe 4
マッサージオイル
簡単&手作りオイル!
Recipe 1
第一大根湯
春のいや〜な症状に
春の目のかゆみなら、これをお試しあれ!塩番茶の洗眼 Recipe 3
しょうが湿布
肩こりなどの傷みなら
痰がつかえる時はコーレン
春のゆるマクロ 特別レシピ えのきのツルルンサラダ 春のオススメレシピ
『白菜プレスdeサラダ』はこちらから!
編集協力:北島知美
▲トップへ戻る▲



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |