ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


TOPうちeco&そとecoトップ>有機味噌と有機大豆使用の味噌の違い…わかる?
有機味噌と有機大豆使用の味噌の違い…わかる?
マメ知識パート2は、『有機』の表示について。今回は、知っているようで知らない有機食品についてです。賢い消費者になるためのマメ知識!

有機 JASマークをつけることができるのは、有機味噌の方です。

大豆も、麹に使われている米や麦も有機栽培のものでなければ有機味噌の表示はできず、塩を除く原料の 95%以上が有機で、かつ有機JAS認定を受けた品ということになります。

一方、有機大豆使用の味噌の場合は、有機栽培なのは大豆だけ。麹に使っている米や麦は有機ではない、ということになります。

では、知っているようで知らない『有機食品』とは???

有機農産物とは、種まき(植えつけ)の2年以上前から、多年草の場合は収穫の3年以上前から化学肥料や農薬が使用されていない土壌で、栽培期間中も化学肥料や農薬を使用されていないものです。また、有機加工食品とは、原料(水・食塩を除く)の95%以上が有機食品であり、化学的に合成された食品添加物や薬剤の使用を極力避けたものをいいます。

かつて「無農薬」「無化学肥料」「減農薬」「減化学肥料」などの表示がありましたが、基準が曖昧で混乱を招くということで、現在は禁止されています。

日本の代表的な食文化である『味噌』。最近、お味噌汁をのまない方も増えているようですが、味噌は栄養価が高く、素晴らしい食材です。

認定されるためには「農作物は、種まきや植え付けの2年前から禁止農薬や化学肥料をつかっていない農地で育てられた作物」など。厳しい審査基準があります。この審査をクリアしたものに、左のマークを表示する事ができます。



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |