ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


doLOHAS 第2回集い『彩色の秋小さな集い』
 
 
2005/11/1 UP
編集部からのお知らせ
 

第2回集い 『彩色の秋小さな集い』 :オーラソーマで自分を見つけよう!

 
 

深まる秋とともに、105本のボトルから自分を見つける

街路樹が少しずつ彩りはじめた10月下旬。

  創作料理「えんの里」

小雨が降る中、第2回集い「彩色の秋小さな集い」を、人と人との「縁」を大切にする創作料理「えんの里」で実施しました。

ティータイムでしたのでオーガニッククッキー(※注1)と
オーガニックティーで過ごしました。

季節ごとに木々の色が移り変わり、特に秋は1年の中でもっとも移り変わりがきれいな季節。人は、昔からこの移り変わりを見て、心を癒していたのでしょう。そう、人と色はとても深い結びつきがあるのです。

  アジア学院「オーガニッククッキー」

人はそれぞれ、惹かれる色・好きな色・癒される色・元気になる色があります。
この色は、いつも同じというわけではなく、その時、その時のココロの状態で変わります。 自分の内面を客観的に見ることはなかなか難しく、大人になるにつれ、いろんな要素が関わってきて本当の自分を見失いがちになってしまいます。 そんなとき、自分を深く見るための方法として、オーラソーマがあります。

105本のボトルから自分を見つける。
深まる秋とともに自分自身を見つめ直す。彩りきれいな秋にピッタリなこの集いをdoLOHASメンバーの八木明子さんのご協力を得て、実施しました。

 

オーラソーマを体験

『オーラ・ソーマ』とは、上下2層に分かれた105本のカラーボトルから自分が惹かれる4本を選ぶことからセラピーがはじまります。

  105本のカラーボトル


1本目は「あなたの本来の能力」
2本目は「あなたの授かった才能」
3本目は「現在のあなた」
4本目は「あなたの未来の潜在的可能性」

選んだボトルから、驚くほどたくさんの情報がわかり、これから行くべき道を探りながら、幸せへのお手伝いをします。

今回は時間が限られていたので、1本選んでいただきました。 105本もあるので、みなさん迷いながら選ぶのかと思ったら、そんなことはなく皆すぐに選んでいました。やはり、自分が求めている色はすぐに目に入ってくるのでしょうね。

     

選んだボトルについて、八木さんから一人一人に説明がありました。

  ボトルの説明をする八木さん

まず、二層に分かれたボトルですが、上の層は、「表層意識(表向きのあなた)」下の層は、「潜在意識(本当のあなた)」を意味します。

同じ色の組み合わせのボトルでも上下が逆だと意味が異なります。また、 濃い色のボトルと薄い色のボトルがありますが、薄い色の方がより強い意味があるようです。光がたくさん当たると、色が薄くなるように・・・・。

子供はとてもピュアなので、濃い色を選ぶ傾向にあり、大人になればなるほど様々な要素が関わってくるので薄い色を選ぶ傾向にあるようです。メンバーさんも比較的薄い色を選んでいましたね。

  真剣に聞くメンバーさん

八木さんの説明に、「まさに今、その状態!」と言う人や「意外だ!」と思う人、皆それぞれに感じたようです。


すごく不思議だったのは、一緒に仕事をしている人同士が偶然にも同じ色を選んでいたことです。きっと同じ方向性だからでしょうね。

   

今回は、席の都合上メンバーさん同士の交流があまり出来なくてすみませんでした。メンバーさまから頂いたご意見を今後の参考にさせていただきます!

ご参加いただきましたメンバーさま、講師をしていただいた八木さま、集いの場を提供してくださった「えんの里」さま、ありがとうございました。


※注1:アジア学院(アジア農村指導者養成専門学校)
草の根で活動する農村指導者をアジア・アフリカの農村地域から招き農村リーダー養成の研修を行っています。商品の売上金は、学生の研修費やアジア・アフリカの農村地域の生活向上に役立てられます。


>イベント情報トップへ

▲ページ上に戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |