ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん



doLOHASとミレット・ビューティー 食に対する思い、こだわり ミレットって何? ミレットを使ってみよう ミレットの使いまわし術・保存術
食に対する思い、こだわり
★doLOHASキッチン(料理教室)で松見さんがミレットレシピを教えてくれる!
>>参加希望はコチラ

私はじつは幼少のころ、好き嫌いが激しくてほとんどのものを食べられなかったのです!!そんな私を父は許さず、すべてのおかずを食べるまで食卓を離れさせてくれませんでした。そんな私は当然、食事の時間がなによりの苦痛でした。
母は私がほとんど食べないので、少ないなかでも私が好きな、ハンバーグ、かぶのお味噌汁、ブルーベリーのパイ、プルーンのケーキ…と気を遣って作ってくれたのを覚えています。

でも、よくよく考えてみれば、私の好き嫌いの原因はその母!にあったんじゃないかと思っています。当時、うちには「子供用メニュー」が無かったのです。子供といえども両親と同じメニューを量を少なくして出してくるのがうちのスタイル。当然、春菊やあしたば、大根おろしなんていう、くせがあったり、辛かったりと子供にはきついものも出てきます。幼稚園のお弁当は、みんなはピンクのお弁当箱にふりかけの付いた、かわいいおにぎりやウインナーなんかが詰められているのに、私はステンレスのシックなお弁当箱に玄米、ナチュラルカラーのおかずが詰められていました…。

現在の私は好き嫌い一切なし!!おいしいものは何でも食べます。母が当時から添加物などなるべくないものを選んでいたせいもあり、私もすっかり無添加派になっていました。素材本来がもつおいしさを大切にする心は母からもらったものです。

野菜や肉、魚はもちろん、調味料もきちんと選びます。なるべく合成の旨み成分や保存料などが含まれていないものを選びます。美容や健康に気遣うといえども、合成してカロリーを控えた油や砂糖は使いません。油やバター、砂糖は自然のものを選び、使う量をおいしさを決して損ねない程度のなるべく少ない量にするよう心がけています。

おいしく食べてきちんとエネルギーになる食べ方。そんなふつうの気遣いを続けることが、長い目で見たときにいちばん「ヘルス&ビューティー」に効くのだと思っています。

 



また、料理は思いやり!誰もがおいしいという料理はないと思っています。自分の料理を主軸に、作ってあげる人の好みや体調に合わせて少しずつ変化させてあげることで、「おいしい!」の声が生まれると信じています。そして器やプレゼンテーションで少しのわくわくや楽しさをプラスしてあげられたら、もうよそでは食べられません!





Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |