ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


doLOHAS TOP食辞典トップ>秋の野菜辞典

食辞典トップへ
かぼちゃカリフラワーブロッコリーきのこ類じゃがいもさといもれんこん
かぼちゃ
夏に収穫され、夏の間も楽しむ事ができますが、丸ごとの状態で保存すると、秋や冬になる頃には、でんぷんが糖化して甘くホクホクしたかぼちゃに変身!さらに美味しくなります。油とからむとかぼちゃの良さが引き立ちます!10月〜が美味しいです。 丸ごとのまま風通しのよい冷暗所に保存。

かぼちゃのレシピはコチラ
トップに戻る
カリフラワー
実は、キャベツの品種改良をした野菜。白い部分は花のつぼみです。ビタミンCや食物繊維が豊富です。茹でる時に小麦粉を加えると、早く茹で上がり、また、お酢を少量加えると白く茹であがります。11月〜3月が旬。 下ゆでして冷蔵庫で保存。
カリフラワーのレシピはコチラ
トップに戻る
ブロッコリー
11月〜3月が旬。一粒一粒がぎゅっと密集していて、こんもりと盛り上がっている、色鮮やかなものを選びましょう。大ぶりのものほど完熟しており、甘みも強いです。 ポリ袋にいれて野菜室で保存。
ブロッコリーのレシピはコチラ
トップに戻る
低カロリーなのに、栄養豊富で、ダイエットにも強力な味方です。秋は特にたくさんの種類が増えるので、きんぴらにしたり、炊き込みご飯に入れたり、色々な方法で楽しめます。ものにもよりますが、9月〜11月が一番美味しいです。 ポリ袋にいれて野菜室で保存。
きのこ類のレシピはコチラ
トップに戻る
じゃがいも
保存性がよく、どんな料理にもぴったり。加熱してもでんぷん質でビタミンが逃げにくい性質を持ちます。煮込んだり、ふかしたり、炒めたりと色々な場面で活躍する万能野菜です。 冷暗所に保存。りんごと一緒に保存すると芽が出にくいです。
じゃがいものレシピはコチラ
トップに戻る
さといも
老化防止や血中コレステロールを取り除く働きがあり、食物繊維も豊富。9月〜12月が旬。 皮に適度な粘り気があり、しまの模様がくっきりしていて、泥つきのものがおすすめ。
さといものレシピはコチラ
トップに戻る
れんこん
ビタミンCが豊富です。熱に弱いビタミンCですが、れんこんはでんぷん質主体なので、分解されにくいです。昔から風邪をひいた時に摺って飲んだり、肺をいたわるのに重宝された食材で、喘息にもよいとされています。 油で揚げたりすると、とっても美味しくなる蓮根。秋にぴったりの食材ですね!旬は11月〜3月。 洗ったれんこんは、新聞紙などで包み冷蔵庫へ。また、泥付きなら冷暗所で保存。
トップに戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |