ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


Enjoy LOHAS ヨガを通して自然を感じる
ENJOY LOHAS
 
 
2005/11/1 UP
Enjoy LOHAS ロハス実践者によるリレーコラム
 
ヨガを通して自然を感じる
坂本知忠 (Tomotada Sakamoto)

国際総合ヨガ・東日本連合会 指導者会会長
登山家、下長不動産株式会社代表取締役

身体を患ったことからヨガに出会い、身体と心の健康について探求する。20代に登山で福島県南会津郡只見町を訪れてから、その土地に魅了され、現在は不動産業の傍ら県重要文化財民家「叶津番所」を守り、日本の伝統文化や健康法を伝えている。
  坂本知忠さん  
 
ヨガとの出会い

 
ヨガ(ユイ道場)
高校時代から山岳部に入って登山をしていましたが、大学1年の時、肺結核になり一年近く入院療養することになりました。自分の体は丈夫と自負していたのですが、突然の病気によって健康に対する自身をすっかり喪失してしまいました。病気が再発するのがとても不安でしたので、どうして病気なったのか?その根本原因を知りたいと思うようになり手探りで探しているときに、健康法としてのヨガに出会いました。

ヨガを実践していくうちに、それが単なる体の健康法だけでなく、人間がより良い人生を生きるための総合的な哲学と具体的な実践法を備えたものあることを知りました。師匠の沖正弘師の人間性にも心惹かれて深くヨガを探求すると、そこに僕が求めていた疑問の回答の全てがありました。また、瞑想の勉強の為、インドを十回も旅し学びました。

 
只見の自然を愛す

 
只見川
20代の前半、登山や山旅を通じて南会津地方をたびたび訪れました。その頃(1970年前後)の南会津の山村は茅葺き民家が立ち並び、風景としてとても美しく、僕はとても感動すると同時に南会津地方がすっかり好きになり、毎年訪れるようになりました。この40年間訪れない年はありません。

中でも只見町は広大なブナの原生林と数多くの名山を擁しています。登山が好きな僕にとって魅力に富んだ所でした。北アルプスや八ヶ岳に比べると南会津は高さやスケール、岩壁がある山岳美に劣るものの森林の豊かさ、茸や山菜、動植物、虫などの多様さ量においてずっと勝っていると思います。

 

東京からの300km圏で比較すれば只見は近くて本物の自然がたっぷりある一番の所です。
30年ぐらい前までは交通不便で行きにくい所でしたが、近年、道路が整備されて東京から4時間前後で行けるようになりました。

 
叶津番所を伝えたい

 
叶津番所

叶津番所は200年以上経った奥会津地方最大規模の古民家です。福島県の重要文化財に指定されています。重要文化財の建物は一般的に博物館や資料館のようになっていて、人が住んでいないので蝉の抜け殻のように空虚です。人が生活しないと建物も生きてきません。

 
囲炉裏を囲み団欒

叶津番所は保存するために会員制クラブとして、人が住んでいるのと同じように生きて使われています。宿泊者が居なくとも管理人が毎日囲炉裏で薪を燃やしています。古民家ですがトイレや風呂場、キッチン等の水場回りは現代生活にも適合するように美しく整えられています。建物が生きているからこそ、人がはじめて訪れたのに懐かしく、安らぎを感じる場になるのだと思います。

叶津番所を囲む山々は秋になるとまた彩り鮮やかに紅葉し、まるでその土地を優しく包みこんでいるようです。叶津番所の隣には、別館の「みずなら只見ユイ道場」は伝統的古民家スタイルの多目的道場があります。ここではヨガや登山などいろいろな趣味の合宿ができます。

 
叶津番所・ユイ道場・五十嵐家

都会とはまったくちがう古き良き田舎暮らしが体験できます。さらに隣には、国指定重要文化財・五十嵐家住宅があり、これらが一団の古風な雰囲気を醸し出しています。

 

ココロとカラダで自然を感じる

自然とは変化・安定・バランスの別称です。自然とは真実の意味で、全ての物は瞬間瞬間に変化していると言うことです。自然は変化しないこと『マンネリ』『癖』を許しません。ですから考え方、物の見方、受け取り方を固定すると病気になったり悩むのです。

自然や真実と一体になりたかったら、今までやったことがないこと、苦手なこと、反対のことを積極的に喜んで行うのが良いとおもいます。人間としての適応性を高めたり、生命力や免疫力を高めるためにも嫌な事から逃げないで日常とは反対のことをするのが良いとおもいます。

 

不便な体験、不快な体験も私たちに必要です。囲炉裏の煙が目にしみる体験、アブに刺される体験、雪の中をかんじき付けて歩く体験、沢登り、藪こぎ、山菜取り、人類の歴史の中で祖先が生活としてやっていたことは現代人にも必要なことが多いのです。そういうことが日常生活からなくなった為に、心身がアンバランスになって体調を崩している人が多いのです。スローライフとはそれを取り戻すことに他ならないとおもいます。時々、只見に行って山に登ったり、叶津番所に泊まったり、ユイ道場で日常とは反対のことをすると元気になります。

僕は叶津番所とみずなら只見ユイ道場を中心に只見の叶津地区を再生民家村、エコビレジにしていきたいと計画しています。本当のLOHASは都会では実践出来ないと思います。

LOHASは物質的な物に価値を置く生き方でなく、精神的な生き方です。幸せモデルの変更を迫られているのが現代だとおもいます。このような考え方や活動に興味をもたれている方はスッタフを求めていますので、連絡ください。


→バックナンバー

▲ページ上に戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |