ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


Enjoy LOHAS 伝えるおいしさ♪受け継ぐ味
ENJOY LOHAS
 
 
2006/4/15 UP
Enjoy LOHAS ロハス実践者によるリレーコラム
 
伝えるおいしさ♪受け継ぐ味。
オビカ カズミ(Kazumi Obika)

イラストレーターをしています、オビカです! 日常は仕事、家事、子育てと大忙し!…そんな私でも大切にしていることがあります!
*オビカささんはdoLOHASの新コンテンツ、毛髪ミネラル検査でイラストを描いて下さっています!
  オビカカズミさん  
 

食卓から受け継いだ味

生まれて成人するまで曾祖母が毎年つくっていたお味噌、祖母が漬けていた梅干しや、漬け物を毎日食べて育った私。
(そうそう、朝には絶対お味噌汁を作ってもらっていました。食べてない日はなんだか体がしゃきっとしないような気がしたものです。)

実際曾祖母が味噌をつくる作業をみたり、
手伝ったりとかはしなかったのですが、
子供心になんとなく大変だろうと感じていました。
なので、それなりに大切にしていましたよ。
たとえば、いつももらって帰ってくるプラ容器に入った
味噌が少なくなり、心細くなると次もらって帰ってくるまで心配で、
ほんの少しずつ食べるのを減らしてみたり。(ささいな抵抗?)

実際自分で作り出すきっかけになったのは子供の妊娠。

自分自身が曾祖母、祖母を通じて季節季節の食べ物をおいしく食べること、大事にすることを毎日の食卓で教えてもらったのでは?私もこれからなにが子供のココロに残せるかわからないけど、舌に残るものなら一生覚えてもらえるなと思い、一番最初に作ってみたかった味噌を試すことにしたのです。


 
味噌作りにチャレンジ!

実行したのは、子供が生まれた次の年の2月。生後2ヶ月ちょっとでしたが、どうしても(!)一歳を迎える前に自分で作った味噌を子供に食べさせたかったので、(強行スケジュール承知の上で)友達を誘って作ってみました。

始めてみると案外簡単♪案外簡単 てみると案外簡単 単 始めてみると案外簡単
柔らかく煮た豆を熱いうちにつぶす。生麹を豆と合わせ、それを素焼きのつぼに詰める。後は時間がおいしいお味噌にしてくれるのを待つだけ。時々、カビが生えていないかチェックをするのですが、熟成度をみながらできあがりを待つのもなかなか楽しいもの……。


 

おいしさ◎思わず笑顔の味

さて時は順調に過ぎて秋。
いろんな食べ物がおいしい季節、味噌も、熟成度はまだままですが若いものが完成。
さっそく友達に分けて、自分もみそ汁を作って食べてみます。


うん、おいしい。きゅうりにも味噌を付けて、口の中へ…う?ん、これも風味があってすっごくおいしい!手作りの味噌のよいところは、自分で作ったので無添加、安全、はもちろんですが、なんといっても若いとき、熟成が進んだときと同じ味噌で二つの味が味わえること。(正直に申しますと、熟成が進んだものを食べたのはここ一年くらい。あまりのおいしさに熟成が進んだときまで待つ前に食べてなくなることが多かったもので……。)

毎年かかさず作るようになってもう5年目
手作りのおいしさを周囲の人に布教しまくったのもあって、少しずつですが参加する人が増えてきて、作る量も今では30キロ。ここ最近の楽しみは味噌の仕込みが終わった後、一年前に仕込んで完成した味噌で調理をふるまうこと。ちょっとした年間イベントのひとつとなりました。


新たな挑戦!

すっかり味噌の成功に気を良くして2年前からは梅干しにも挑戦。
一番難しいと思っていましたがこれまたやり始めると意外にできるもんです。梅雨が近づいてくるとふつうはうつうつとする方が大多数だと思いますが、私の場合は梅を付ける作業をはじめるのでウキウキ、そわそわ。落ち着かなくなります。

7月後半の連休に突入するとさらに気分は最高潮。

前の晩は晴れを祈りながら眠り、休みに突入すると早起きをして、ざるに梅をならべ、照りつける太陽とにらめっこ。しばらくたったら梅の表裏をひっくり返し、雨がぽつんとでも落ちれば家に引っ込める。

…こうしてひたすら梅のお世話をするのです。無事その期間が終われば瓶に詰め、あとは寝かせるだけ。簡単でしょ?

昨年そうして作った梅干しもそろそろ食べ頃。春のお出かけ、子供の遠足など、持ち出す機会が多くなるのを今から楽しみにしてます。

そんな生活にはじめるにともない、食事の作り方も徐々に変化が起こってます。

なんでも丁寧に、気を使って調理する。(逆に気を使いすぎて本末転倒な時も……だめじゃん!って自己反省もしばしばありますけど)

自分で作った味噌をおいしいご飯を食べたいがために炊飯ジャーを使うのをやめてお鍋で炊く、鶏ガラを買ってきて、週末の時間のある時にスープストックを作る。

忙しいとさっと食べれるものをと手軽なものしか買わなくなり、それが続くと悲しい食生活になってしまいますが、それが一回でも少なくなるように、体が喜ぶような食事が一回でも多くなるように努力したいですね!

まだまだ自分の手で作りたいものはたくさんあります。
でも、基本はあくまでもマイペースで。

これからも気になったものはどんどん挑戦し、一年を通して自分の作った物が一品でも多く日々の食卓に上ればいいなと思っております。もちろん、それで家族や、周りの人が喜んで食べてくれれば、私にとってもとってもうれしいことです!


→バックナンバー

▲ページ上に戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |