ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


Enjoy LOHAS ナチュラルハッピーな出産とは・・・<前編>
ENJOY LOHAS
 
 
2006/9/2 UP
Enjoy LOHAS ロハス実践者によるリレーコラム
 
ナチュラルハッピーな出産とは・・・<前編>
柴田 真美子 (Mamiko Shibata )

はじめまして。
エンジェルヒーリングという助産院&セラピーサロンをやっています、助産師の柴田真美子です。
「ロハス」「スピリチュアル」というフレーズが、最近は世の中に受け入れられるようになって、嬉しく思っています。日々、スピリチュアル助産師を目指して奮闘中です。
>>ナチュラルハッピーな出産とは後編へ
   
 

長男のアトピーがきっかけでした

長男が生後1歳で、ひどいアトピーになり、町ですれ違うたびにどうしたの?
と声をかけられたり、

 
痒くて毎晩親子とも寝れない日々が続き、何とかしてこの子を治たい!と強く思うようになりました。

助産師として医療を知っているので、 ステロイドやお薬で対処療法として治す (症状を抑えるだけ)というのは根本的な治療ではないと感じていました。アトピーは皮膚の排泄なのだから、身体の中から綺麗になって強い体にしてあげたいと思っていました。

 

 
不思議な出会い


様々なことに疲れきっていたそのどん底のある日、帰り道にいつものように、野菜を軽トラックで売っているおばちゃんに会いました。
辛かった私は、「アトピーを治したい!変えたい!変わりたい!助けて!」と無我夢中で、話しました。その方は、オーガニック八百屋をされていて、マクロビオティック実践者でもあり、食療の経験者された方でした。
早速先生を紹介していただき、わらをもつかむ気持ちで、必死にやりました。子どもを治したい一心でした。


 

地球を救うよりまず、自分 を救え

まずは、マクロビオティックと食療に取り組みました。子どもと向き合って、何とか治したいと一生懸命にやっていたら、いろんな情報が入ってきて、いろいろ取り組みました。肌の弱い子には、洗剤も刺激になるので、石鹸を使うようになったり、酵素漂白剤を使ったり、塩素を中和するために、お風呂に、野菜の切りくずや、バスソルトを入れてデトックスをしたり、その時期に自然に生えているどくだみの葉っぱや、枇杷の葉っぱのエキスを作ったり、私自身もアロマセラピーで化粧品を作ったり、子ども服は、リサイクルのものを買ったり(なんといっても家計が嬉しい)などなど・・・。

結構楽しい!とはいっても、マクロビオティックやロハスな考え方が、周りの方に分かってもらえなかったりして、自然の生活を目指しているのに、なんだかギクシャクしてかえって不自然な生活になったりした時もありました。

そんな時は、アトピー仲間に言われた、「地球を救うよりまず、自分を救え」と思い出し、「〜ねばならない」症候群にならずに、愛と優しさの波動が私や家族から伝わりますように…。と、気づいたら、なんだか、自分の心地いい生活が、心地いいロハスな生活なんだなと気がついてきました。ロハスとの付き合い方や、自分自身との付き合い方が、ナチュラルハッピーになってみんなに伝わるといいなと思っています。  続く・・・


後半はコチラから!


 


→バックナンバー ▲ページ上に戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |