ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


Enjoy LOHAS 片付けられない私から
ENJOY LOHAS
 
 
2007/10/20 UP
Enjoy LOHAS ロハス実践者によるリレーコラム
 
くらしのダイエット…?No.2
玉木 晶子 (Akiko Tamaki)
カラーコーディネーターとして、色彩をオーガナイズすることにより、ワードローブの整理が自然にできるようになりました(当社比)。 その経験を活かして少ない枚数でコーディネートを楽しむ「ワードローブのダイエット」の講座を開いています。  
<<くらしのダイエットNo.1
>>くらしのダイエットNo.3
   
あなた好みであること!
小物類は、無難なものを選びがち。 これは、色や形に特徴がありますが、私の基準に合っているため、さまざまな色の服に合わせられます。
 

「嫌いな服なら、買うはずないでしょ」と言われそうです。確かに嫌いな服は買わないでしょう。でも、「まあまあ」「そこそこ」な服が何%OFFになっていたら買いませんか?他にも「いざ」というときのために、最後の一点、持っていないタイプだから、などという理由で買っていませんか? 「変な服を着ている時に限って、知っている人に会っちゃうのよね」というあなた、どうして変な服を買ったのですか?たとえシンプルなTシャツでも、気に入って買った服なら気後れすることはないでしょう。

お気に入りの服を着たときの気持ちを思い起こしてみて下さい。ウキウキして足取りも軽くなります。何度もショウウインドーに姿を映しては見てしまいます。「あら、その服ステキね」と話題にされると、ますます嬉しくなりますね。そんな服が「あなたの好み」の服なのです。「嫌ではない」程度の服を買うのはやめましょう。タンスはいっぱいなのですから。

自分の好みを明確にする方法として、切り抜きをおすすめします。
 雑誌やカタログ、広告など、「こういう感じが好き」というものを切り抜いておきましょう。年齢や価格、合う合わないは考えません。「ピン」と閃いたものがよいのです。

あなたの本当の好みって?>次のコラム:くらしのダイエットNo.3


→バックナンバー ▲ページ上に戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |