ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


Enjoy LOHAS 片付けられない私から
ENJOY LOHAS
 
 
2008/5/26UP
Enjoy LOHAS ロハス実践者によるリレーコラム
 
セールの反省会 No.2
玉木 晶子 (Akiko Tamaki)
カラーコーディネーターとして、色彩をオーガナイズすることにより、ワードローブの整理が自然にできるようになりました(当社比)。 その経験を活かして少ない枚数でコーディネートを楽しむ「ワードローブのダイエット」の講座を開いています。  

<<セールの反省会 No.1を読む
玉木さんは他にもコラムを書いています!>コチラ
   
ポイントは前シーズン…?

梅雨が明けるまでのこの期間、気温の変化が激しいため寒さをしのぐ服をなかなかしまうことが出来ません。制服のように「今日から夏服」と決めるわけにもいかず、ワードローブの整理に困っていませんか?
そんな衣替えの時期に前シーズンの服の要・不要を見極めましょう。

見落としがちなのですが、『これからのシーズン』でなく、『前シーズン』というのがポイントです。
それは「結局この服は着なかった」という記憶に臨場感があるからです。これからのシーズンだと「去年は着なかったけれど、今年は着るぞ!」という希望的観測で、判断が甘くなってしまいそうではありませんか?
そこで記憶の新しいうちに前シーズンの服のダイエットをしましょう。

2年以上袖を通していない服がありませんか?その理由を書き出していきます。

・アイロンがけが面倒
・胸の開きが大きいのが気になる
・組み合わせが難しい
・肌触りが悪い
・着る機会がない
・ディスプレイとイメージが違った
・体型が変わった
・流行に合わない…などなど

     

案外些細な理由が着るのを敬遠している原因になっています。
でも!この些細な理由をひとつひとつ自覚することが、「タンスの肥やし」をなくす第一歩となるのです。

今回は2年間袖を通さなかった服の理由を考えて頂きました。この理由を分析すると、着ない服の原因は、大きく3つに分けることができます。次回のまとめでその3つの原因をご説明します。これで「あなたに本当に必要な服」が分かります

引き出し:シワになりにくいもの、しっかりした素材のものに、立てる収納です。
ラック:シワが気になるもの、柔らかい素材に向く、重ねる収納です。
<<セールの反省会 No.1を読む セールの反省会 No.3を読む>>

→バックナンバー ▲ページ上に戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |