ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


Enjoy LOHAS 花のある暮らしをはじめてみませんか
ENJOY LOHAS
 
2009/3/31UP
Enjoy LOHAS ロハス実践者によるリレーコラム
 
+α…花のある暮らしをはじめてみませんか

ほりぐち あきこ   (Horiguchi Akiko)
フラワーデザイナー。
東京の美術大学を卒業後、フラワー業界の先駆者でもあるつちやむねよし氏に師事する。 六本木の花屋でさまざまな経験を重ね、その後、26歳で念願の独立開業。 2009年に阿佐ヶ谷のちいさなお花屋さん、Fra cotta Deco(フラコッタ デコ)をオープン。 都内各所のレストラン、企業への活けこみや、食空間において花の提案など多方面に活動中。 コンセプトでもある『花を料理する』 をテーマに、新鮮で美味しそうな花のある暮らしを提案している。 また、+fieldキッチン&フラワーにおいて姉妹で「食」と「花」を融合したあたらしいサービスを提案している。

Fra cotta Deco (フラコッタ デコ)
+field (プラスフィールド)

   

花たちとの出会い・魅了された瞬間

美術大学の卒業制作展において私が制作したもの。
それは『生花を使ったブライダルオブジェ』 その制作期間こそが私と花との始めての出会い、花と真剣に向き合った瞬間でした。

制作するにあたって私の場合、相手が生き物なので展示会2日前から徹夜で作業していました。
花は管理する部屋の温度や湿度によって表情が変わります。体調が良いとき、悪いときを素直に表現してくれます。そんな意志を持つ花には、1輪、1輪に尊い命があることを改めて感じ、なんとも言えない愛しい気持ちになったことを今でも覚えています。 その瞬間に私は花に魅了されたのでした。

色やかたち・性質・香り・原産地それぞれ異なる花には人間と同じで個性があります。 茎や芯が細くて折れやすい花や、太くてしっかりした花などいろいろあります。
実は折れてしまったから使えない・捨てるというのは間違いなのです。 折れやすい花が折れることは当たり前のこと。 短く切って使うことによって、その花を初めて生き生きとさせることが出来るのです。 無駄になる花なんて一輪もないのです。 花と共に生きる、共存する。花も生き物なのです。

そんな気持ちを大切にしながら日々の生活に+α・・花を取り入れて生活していくことは、 実は私たちの暮らしを豊かにする1つのエッセンスだと思います。


興味の○ or ×

興味のあること、ないこと。考えてみると意外といくつか出てくるものです。
私の場合、花に魅了された瞬間から、花に興味を持ち始め 自分の目的に合った花屋を探し、花の業界に弟子入りさせていただきました。

一見、花は綺麗で優雅な世界と思われますが、体力重視で朝も早く、夜も遅い。 そんな大変で過酷な業界だけれども、一度も「辛い!辞めたい」と思ったことが 実はないんです。
逆に、もっと花が好きになっている自分がいました。 それは、「好き」だから出来ることで、どんなに辛くても、 その辛さに気づかず乗り越えてしまうのだと思います。

人間の「好き」という強い想いには、本当に強いパワーがあるのだと思います。 だから、私生活や仕事の中で「好き」と思えることを1つでも見つけてみると、大変なことも乗り越えられたり、少しでも日々の生活が楽しいと思えてくるにちがいありません。
また、大切なひとへの「好き」という気持ちも大切にしたいものですね。 皆さんの「好き」という気持ちが大きくなればなるほど、これからの世の中が明るく素敵な未来になっていくと思います。


自分に合った人生を楽しむ

ずっと前から26歳になったら自分らしく生き始めよう! そう思っていました。大学を卒業し、六本木の花屋に勤めたときから、 26歳になったら独立して、花の仕事を始めていく!という強い想いがあったのです。

そんな強い想いから、花屋で働いている間は「1年間で2年間分の仕事を覚える」という目標を常に持っていました。
聞くのではなく、目で見て覚える。そして実際に経験していく。私の尊敬する師匠や先輩にさまざまなことを学ばせていただきました。本当に感謝しています。そして26歳の1月に自分の店、Fra cotta Deco (フラコッタ デコ)を開店することが出来ました。すべてがこれからですが、「花の人生を生きる」スタートを切ることが出来たことに感謝します。


「花」と「食」の強いつながり

ここ最近、お店のちいさな庭に花壇を作り沢山の種類のハーブや実物を育てています。
お店では、花と鉢を販売していますが、ただ販売するだけではなく、 お客様の目線にたったサービスを心がけています。

実際に育てたハーブを庭から摘んで、ハーブティーを作ってお出しする。 ただ、鉢ものを売り物として扱うのではなく、どう鉢ものを育て、 実際に生活の中で、どう楽しんでいただくか。 「花」と「食」をもっと身近に感じていただけるような提案を常に考えています。 皆さんの日々の食生活において、花や植物を取り入れながら +α豊かに、心地よい時間が過ごせますように。
そんな日常が当たり前になるように、日々「花」と「食」のあたらしい提案を していきたいものです。


+α・・・
花の存在によって 喜び、勇気、感謝、希望など花から沢山の贈り物を いただいた方が沢山いるのではないでしょうか。
花は、何気ない日々の暮らしを健康的でゆたかな暮らしに プラスα 変化させてくれる素敵な存在だと考えます。 また、「花をあの人に贈ろう!買って帰ろう」と決めたときから お花をお届けするまでの特別で大切な時間を、花と共に共有できたらと思っています。

花を贈られた方が幸せになって、周りの人々にもその幸せを運べたら どんなに素敵でしょう。 あなたが花を飾りたいな、贈りたいなと思った日にはいつでも ふらりとFra cotta Deco(フラコッタ デコ)の庭に訪れてください。 そのときから、Fra cotta Decoはお客様の専属の花屋です。 花のある暮らしをはじめてみませんか。


→バックナンバー ▲ページ上に戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |