ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


トップロハスな子育てトップママとキッズのハッピーごはん>Vol.1 ベジゴマ和え
親子で楽しむ食育レシピ ママとキッズのハッピーごはん トップへ戻るベジゴマ和え ママのむくみ解消&キッズの記憶力アップ大作戦! 夏が近づき、素肌を露出する機会が多くなってきました。子育て中でもキレイなママでいるために、お肌のメンテナンスを少しずつしておきませんか?キッズの記憶力アップも期待できる一石二鳥レシピです。
食育に役立つレシピをもっと見たい?→doLOHASレシピへ 材料
切干大根 50g 砂糖 大さじ2
ハム 3枚 しょうゆ 大さじ3
わかめ(乾燥) 5g ごま油 大さじ1
きゅうり 1本 炒りごま 大さじ4
大さじ3
作り方
作り方.1 切干大根はよく洗って水につけて戻し、さっとゆでて食べやすい大きさに切り、水気をよく絞る。
作り方.2 ハム、きゅうりはせん切りにする。わかめは水で戻し食べやすい大きさに切る。
作り方.3 酢、砂糖、しょうゆ、ごま油を混ぜ合わせタレをつくり、1.2.を浸す。
作り方.4 食べる直前に炒りごまを混ぜ合わせて盛り付ける。
Recipe Point
Point.1 切干大根は手でもみ洗いをして、汚れやゴミを取り除く。3回ほど水を替えて洗うことで、独特の臭みが取り除けます。
Point.2 切干大根は、さっと茹でると独特のくさみが抜けます。 Point.2
Point.3 戻した切干大根とわかめはギュっと絞ってください。味がよく染みこみます。 Point.3
Point.4 海の野菜と言われるわかめは旨味成分のグルタミン酸がたっぷり。取り入れると一味違います。
ママのビューティーポイント ピックアップ食材…きゅうり ビューティーポイント
ビューティーポイントイメージ

むくみ解消&うるおい肌で夏の準備!

今回のビューティー食材は「きゅうり」。「きゅうり」を料理の中に取り入れ、「むくみ」解消を目指しましょう!
「むくみ」とは、水分や老廃物が上手く身体から排出されずに、たまってしまった状態のこと。「きゅうり」にはカリウムという、血液中のナトリウムとバランスをとって、余分な塩分を尿として排出するビタミンが多く含まれています。そのため、利尿作用があり、むくみ解消効果が期待できる食材なのです。

選び方
選び方イメージ

きゅうりを選ぶポイントは端が硬いこと

「きゅうり」の見分け方のポイントは「きゅうり」の端を指で押してみて、硬いものが新鮮。ちなみに、私が子供の頃、親に「鮮度はイボで見分ける」と習いました。「きゅうり」の表面についている「いぼ」が、チクチクするものが良い、というのです。ところが、八百屋に行くと「いぼ」がないものばかり。この八百屋は古い野菜ばかり扱っているのか、とも思いましたが、最近では、イボの周りに農薬が付着しやすいこともあって「イボなしきゅうり」という品種(フリーダム)が増えています。

保存法
保存法イメージ

まずは、しっかりと水気を拭き取りましょう。次に、新聞紙に包んで、きゅうりが育った状態(へたを上にして立てた状態)で保存します。立てて保存する時は、牛乳の空き箱やペットボトルを二つに切ったものなどを利用すると便利です。

キッズの栄養ポイント ピックアップ食材…ハム 栄養ポイント
栄養ポイントイメージ

記憶力向上をバックアップ!

テストで良い点を取りたい、記憶力を高めたい・・・。そのためには、アセチルコリンという物質が有効です。このアセチルコリンを脳の中で増やすためには、アセチルコリンのモトとなるホスファチジルコリンという栄養成分を多く摂ると良いとされています。今回のキッズピックアップ食材の「ハム」には、ホスファチジルコリンが豊富に含まれています。

選び方
選び方イメージ

生ハムと、普通のハム。塩分はどちらが強い?

答えは生ハム。生ハムと普通のハムは、作り方が異なります。その大きな違いは、生ハムは加熱をしないで、乾燥熟成させること。加熱を行わない分、保存効果を高めるために普通のハムよりも多くの食塩が使われます。
日本には、約3,000万人もの患者がいると言われる高血圧。原因の一つは、伝統的に塩分摂取量が多い日本人の食生活があります。そのため、例えば、漬け物や、味噌・醤油などの調味料を使った料理や献立のときには、生ハムではなく普通のハムを使うなど、塩分の足し算・引き算で調整してみてくださいね。

保存法
保存法イメージ

開封後はラップ等で密閉した後、冷蔵庫で保存しましょう。


まとめ
今回のベジゴマ和えは、むくみ解消食材の「きゅうり」と、記憶力向上にかかわるホスファチジルコリンを多く含んだ「ハム」を材料にしているところがポイントです。また、「きゅうり」「ハム」だけでは、一品として寂しいので、カサ増し食材に「切干大根」を使っています。切干大根は、普通の大根に比べて甘いため、キッズにも食べやすく、栄養価も高いことが特徴です。例えば、コレステロールを体外に排出し動脈硬化を予防する作用や、便秘を改善する作用があります。さらに、食後に胃や腸の中で水分を吸収し膨らむため、少量でも満腹感が得られ、ダイエットにも効果的です。是非、手軽なのに栄養効果満点なベジゴマ和えを作ってみてくださいね。




Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |