ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


 
*15歳のエコちゃん Vol.3* 2006/7/13UP
バックナンバー
 

Vol.3 環境問題を世界規模で考える!
今回から登場した「15歳のエコちゃん」。国際的な彼女は、世界にいる同世代のお友達の地球のために実行していることを紹介してくれます!

*15歳のecoちゃんは実在する女の子です。



オーストラリアの環境問題

お久しぶりです♪ 最後となる今回は、日本に近くて可愛い動物がいる、おなじみの国を紹介します。日本でも毎日暑い天気が続いていますが、暑さ、そして環境問題の取り組みに負けない国と言えば、オーストラリア!オーストラリアの環境問題をいくつか紹介しながら、それに関わっているNGOを紹介します。

オーストラリアには、十何万種類もの生物が生きています。
この動植物の未来を守るには土と水の品質を保つことが大切だと、国が考えています。この生き物達は穀物を害虫から守る役割を果す等、いろいろな形で人間に貢献しているため、様々な研究が続けられています。

 

様々な取り組み
ロシドニー水道局が生徒向けに作ったプログラムで、Stream Watchというものがあります。1州で250校も参加しています。これは、環境に対する意識を高め、地元の環境を改善維持することを教えています。子供たちは川の水質を測り、安全性を確かめます。その結果をコンピューターに入力し、他の都市などの調査結果と比べる事が出来ます。このような取り組みを通して、生徒が水質汚染について、出来ることから始めています。

他にも学校では、いくつものゴミ箱を置き、リサイクルに取り組んでいます。アルミニウムの缶をリサイクル会社に売り、そこから得た収入を学校の設備のために貯めています。オーストラリアは世界で一番多く缶をリサイクルする国です。

Clean Up Australia Day というのを皆さんは聞いたことがありますか?
これは、ヨットに乗るイアン・キアナンさんが始めた運動です。ヨットで旅したキアナンさんは、世界中の浜辺にゴミが捨てられるのを見て、悲しみました。そこで、地元のシドニー港でゴミを拾いはじめました。今ではオーストラリアのすべての海岸で、毎年4万人以上が参加しています。

最後に

三回に渡って記事を読んでいただき、ありがとうございました。書いていて楽しかったし、皆さんに環境問題のことを一つでも多く知ってもらえて、すごく嬉しいです。
私もこれから環境クラブなど頑張りますので、皆さんも是非環境保護のために、小さなことからでいいので、初めてもらえたら嬉しいです。


▲ページ上に戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |