ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん


幻の線光花火 ひかり撫子
トップPick Up Lohas > 編集部からのお知らせ
ー 初秋の宵、小さな集い ー
→ご参加いただいた皆さまからのメッセージ
 
初秋を感じながら "体に優しい食"と"心を潤す線香花火"で集う

"体に良い物を食べよう!"と思っても、毎日の生活の中で忙しさが優先されてなかなか実践できませんよね。また"疲れたなぁ"と感じる時、アロマやリフレクソロジーなど自分に合った解消法をとります。"自分の思いを共感できる人と出会いたい"と感じていても、最初の一歩が踏み出せない・・・。そんなことはありませんか?

大人になった今、幼き頃に戻ることはできませんが、浴衣を着て、幼き頃の思い出がつまった線香花火で心安らぐひと時を過ごして欲しい!体が喜ぶ料理を食べて欲しい!同じ思いを持った人と心でつながりたい!そんな思いをこめて【doLOHAS】最初の集いを行いました。その様子を「LOHAS News 特別編」として、お届けします。
 
秋風を感じる9月















【doLOHAS】最初の集いは、『体に優しいオーガニック料理』『幼き頃の思い出がつまった1本の線香花火−ひかり撫子−』『出会った人との"心と心"の結びつき』が重なり、ごく自然な形で「体・心・自然」とが触れ合える素敵な集いになりました。

参加していただいた方は、女性誌のエディター、生活雑貨のバイヤー、サプリメントアドバイザー、アロマセラピスト、フォーチュンカウンセラーの方、医療関係者など、集まっていただいたのはLOHASに関心のある方や、LOHASなお仕事に携わっていらっしゃる専門家の方々。

参加していただいた方がそれぞれ考えるLOHAS、食の作り手側の考えるLOHAS、様々な形がありますが、共通していえることは、「自分にも地球にもやさしくあること」ひとつひとつの小さな力ですが、集まることで大きな"何か"を実現する事ができると感じました。

お料理は代官山のお店のご協力を得て、美味しいマクロビオティック料理をいただきました。

お料理のテーマは『からだの中からきれいになる、夏野菜とベジミート』。

まずは長野産のオーガニックワインで乾杯。フルーティーな味わいで食も進みます。オードブルは有機栽培の人参のマリネ。ドレッシングでの味付けがほとんどなく、人参そのものの味が主役の、野菜本来の甘みが広がる味わいでした。カボチャやジャガイモなどの夏野菜を使った、ホクホクした食感が楽しめるサラダも大好評。

お友達同士でお越しいただいた方もいらっしゃいますが、ほとんどが初対面の皆さま。食事中も、お互いの仕事や活動についての話題で盛り上がっているようでした。序盤からかなり打ち解けたご様子。

続いて出されたのは「ベジミート」と呼ばれる大豆グルテンを使った唐揚。見た目も味も鶏の唐揚にそっくりなので、言われないと気づかない人も多いそうです。「ベジミート」の唐揚は今回初めて食べる方も多く、お肉のような食感とジューシーな味わいにビックリしてしまいました。

ご飯メニューの締めは、玄米のおにぎりと豆乳を使ったお味噌汁風のスープ。最後にデザートとしてパンケーキと、ハーブティー・穀物コーヒーをいただきました。

全部ベジタブルでローカロリーだから、たくさん食べても大丈夫という安心感もあり、すべての料理をきれいに平らげてしまいました。
 
手作りの線香花火に思いを込めて・・・












その後、場所を移して第2部に。

「ひかり撫子」という、群馬県の工場で職人さんが1本1本手作りで仕上げている線香花火の登場です。線香花火というと一般に中国製が多く、国産で手作りというのは大変貴重なものです。花火に使用する和紙は手漉きで、野山で取れた草木の汁で染め上げるというこだわり。

桐の箱に入った花火には、和紙にしたためられた作り手からの心のこもった手紙が同封されています。一言で「線香花火」という言葉では表現したくない理由がここにあります。作り手のこだわりが細部にまで行き届いた、とても価値のある線香花火。

「ひかり撫子」はこのような作り手の真摯な思いが口コミで広がり、今では入荷半年待ちという人気商品となっています。実は、この花火をLOHASな人たちと一緒に楽しみたいね、というのが今回の集いの、そもそものきっかけなのでした。

みんなで輪になって手紙を朗読した後、灯篭の火から「ひかり撫子」に一斉に点火。それぞれの思いを馳せながら、花火が終わるまでの短い間、夏の余韻を十分に楽しみました。

そして社長の挨拶で会は終了。解散した後も、ご参加者の皆さま同士で話が盛り上がっている様子が見られました。これをきっかけに素敵な交流が広がっていくことを私たちスタッフも願っています。ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

 

ご参加いただいた皆さまからのメッセージ
▲このページのトップに戻る

■A.Yさん (カラーセラピスト)

とても刺激的な時間でした。自分が考えていたロハス、と参加者一人ひとりの考えるロハス。会場のエクリュのロハス。それぞれが合わさって、大きな波になれるといいのだろうなあ、と思いました。

私は子育てを通して「自分にも周囲の人にも環境にも優しくあるためこと」の重要性に気がつき、できる範囲で実践をしているつもりですが、まだまだだな、と感じることも多く、わが身を振り返るよいチャンスとなりました。

自分にとってのロハスとは? 自分の人生の価値はどこにあるのか? そして、その価値観をぶれさせないためにはどうすればよいのか? などなど。まずは自分から。一人の動きでもやらないよりはましだから。そして、今までよりもほんのちょっとロハスの範囲を広げてみること。そんなことを考えた一夜でした。 ありがとうございました。



■M.Hさん
 (文筆業/フォーチュンカウンセラー)


イベントに集まったみなさんは、生活や仕事に対する意識の高い人たちばかりで非常に良い刺激を受けました。 また、みなさんの、女性的な、それでいてエネルギッシュなオーラは、エクリュのやわらかい空間を、キラキラとした光でいっぱいに満たしていたようにも感じられました。

西郷山で、花火をする円形の場所に出たときには、どこかヒミツの場所に連れて来てみらったみたいで、胸がドキドキしました。 そして、指の先に揺れる小さな丸い光の中には、たくさんの懐かしい思い出を見ました。 花火が一本しかないというのは、火花のはじけるその一瞬を、とても大切に味わおうとするので、光を見る瞳も感じる指先も、この瞬間を漏らすまいと真剣で、まさに子供時代にかえったようでした。

「ちょっとだけ味わう」、というのは、そのものの価値を再確認できる、素敵な経験になるのですね。どこか懐かしい気持ちになれる、胸のあたたまるイベントでした。どうもありがとうございました。



■T.Tさん(内科医師)


非常に興味深いイベントでした。なぜか食事にしても花火にしても初めてであった物ばかりのはずなのに懐かしい、落ち着く。作る側から食べる側に至るまで「健康に対するやさしさ」「自然に対するやさしさ」が感じられるような気がしました。

はじめて“感覚としてLOHASに接したような気がします。自然な素朴さがどんなに貴重か少し感じたような気がします。やはり「体・心・自然に優しく持続可能なライフスタイル」というのは『無理のない』『無理をしない』『皆に受け入れられる』『皆に理解される』『自然で』『続けられる』…
これらがベースにあり、これらの筋を通す人々ならば誰でも取り組むことができると思いました。  



■Y.Nさん (デザイン・広告プランナー)


終夏と初秋を感じながら、素晴らしい集いでした。素敵な人たちとの出会い、美味しいお料理、にぎやかな雰囲気、夜にきらきら・ぱちぱちと光った線香花火のように美しく、なごり惜しくもあり、いまだ心に響いております。素晴らしい時間が過ごせたことに感謝します。



■T.Oさん (会社員)

今までLOHASと言うことばは時々耳にしてはいましたが、詳しくは知りませんでした。先日の『初秋の宵、小さな集い』に参加させていだだき、色々な方々とお話しをお伺いし色々な意味をもつことを知りました。

また、初秋の夜にエクリュでのオーガニック料理も美味しかったですし、公園にて浴衣を着て線香花火をする演出は大変楽しくよかったです。子供の頃、縁側で家族と線香花火をしたことを懐かしく思い出しました。

私が勤めている会社では『地球環境の保全を重要課題とする社会の責任ある一員として、すべての企業活動を通じて人の健康の維持と地球環境の保全に積極的に寄与し、その行動において先進性を維持することを目的として、その達成に努めます』と言う環境宣言をしています。 LOHAS=「健康と環境に配慮した持続可能な社会生活」  も同じだと思いますので共感・共通するのではないでしょうか。

これからも仕事はもとより個人的にLOHASを取り入れて生活をしたいと思います。 また、機会がありましたら是非参加させていただきたいと思います。



■Y.Sさん (ライフコンサルタント)


エクリュのごはん、線香花火でゆったりとしたときを過ごさせていただきました。私なりのロハスを見つけ出していきたいと思った一夜でもありました。家族から友だちへと、少しずつロハスの輪を広げていきたいなあ。



■Y.Tさん (管理栄養士/アロマセラピスト)

素材と少しの調味料で作る「カフェ エクリュ」のお料理は、とても、自然でおいしく、身体の中から癒されました。 また、カフェに飾ってある掛け時計にも心が和みました。

そして、手作りのトウロウを前に、まぁるく囲んで、行った線香花火(ひかり撫子)。その光は、職人さんがひとつひとつ心をこめて作ってくれたことに、花火が感謝しているかのような、優しく、そして力強い光でした。

今回みなさんと過ごしたロハスな時間は、あっという間に過ぎ去ろうとしていた忙しい夏を振り返ることができ、心穏やかに、ステキな秋が迎えられそうです。 ありがとうございました♪




Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |