ロハスな人のコミュニティーサイト
お問合せ よくある質問
ホーム
ようこそ! ゲスト さん



LOHASなライフステージfrom France
クリスマスのパリエコ
ーNOELー (2007.12.17up)

Dear doLOHAS,

Bonjour! ボンジュール!

はやくも12月。今年も終わりに近づいています。
12月といえばクリスマスですよね。
こちらフランスはさすがカトリックの国。
ノエル(フランス語でクリスマスの意味)は1年で1番といっていいほどの大きなイベントです!

12月が近づくと、街はもうノエル一色。大通りやデパートなどいたるところにイルミネーションが施されます。アパートの窓にサンタクロースを飾ったり、ノエルをテーマにしたショーウインドウもたくさんあって、町を歩くのがとても楽しいです。

そしてこの時期、至るところでマルシェ・ド・ノエルというクリスマス市が開かれるのですが、私も先日行ってきました!
素敵なクリスマス用のデコレーション、また、一家に一本が基本(?)のクリスマスツリーも売っていました。
このツリー、私も去年買ったのですが、本物の木なのでクリスマスが終わると枯れるのを待つばかり…と、後ろめたさを感じながらも捨てた記憶があります。

今年、パリ市ではそんな『クリスマスツリーたちに第二の人生を!』というキャンペーンを行っています。12月26日から来年の1月までに市が指定した公園や庭園に持っていくと、木を細かく砕き、公園、庭園の土を豊かにするのに活用するそうです。

また、パリ市はノエルに関して、ほかにも環境に配慮する様々な提案を行っています。 パリ市ホームページでは「ゴミを軽減するクリスマスプレゼントのアイディア」を紹介しています。そのうちいくつかをご紹介いたします。

美術館や劇場、映画館の1年パス、料理教室や、マッサージ、エステなどの物ではなく知的&癒しプレゼント。使い捨てを避ける為のエコバッグやマグカップ、分別用ゴミ箱や以前話題にしたvelib(自転車)の1年パスなどのエコプレゼントなど、参考にしたいものがたくさん!
そのほか「セーヌ川横断ディナー」などのオリジナル宴や「ふたりっきりのロマンチックな夜への招待状」という、たまにはベビーシッターさんに子供預けて、レストランや劇場へ出かけての夫婦二人っきりの時間を楽しみましょうという、フランスらしいものもありました。

モノにこだわらない心のこもったオリジナルクリスマスプレゼントを大切な人に贈ってみては…?

それでは、
Joyeux noel et Bonne annee!
素敵なクリスマスとよいお年を!

 

A bientot!
Bioko

<<前のコラムへ   次のコラムへ>>
▲ページトップへ戻る



Copyright (c) 2005-2008 LOHAS PROJECT,Inc. All Rights Reserved
doLOHASサイトに掲載されている画像または記事の無断転載を禁じます。
| doLOHASとは? | 運営会社 | 採用情報 | プライバシーポリシー |